膝関節の痛み

膝関節の痛みイラスト

  • 膝の骨が変形している
  • 長時間歩行すると膝が痛む
  • 膝の曲げ伸ばしが困難
  • 正座をしていると膝下の骨が痛む
  • 加齢・体重増加により膝の負担が増している

膝関節の痛み│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

膝の痛みを訴える方は中高年の割合が多く、腰痛の次に患者が多いといわれます。
その大半は、加齢に伴う変形性膝関節症の場合が多いのですが、近年では若年層も増えてきました。その理由は正しい歩き方ができていないことにあるようです。
加齢、体重は膝痛の原因のひとつではありますが、他にも様々な要因が考えられ、原因はひとつとはいえません。

膝関節の症状│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

膝の内部イラスト

膝痛は、いわば膝関節の痛みです。
太ももの骨(大腿骨)と脛の骨(脛骨)との関節は、関節包といわれるものに覆われています。
肥満、古傷、歩き方、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下などの要因で、骨と骨の間の軟骨がすり減ると、軟骨のいわゆる「削りかす」によって、関節包内部の滑膜という膜が炎症を起こします。
炎症はごく自然な身体の修復反応ですが、腫れや痛みをともないます。
また、炎症が起きると、関節包内の軟骨に栄養や酸素を供給する役割の関節液が増えます。そのため水がたまり腫れが発生し、それが違和感となる場合もあります。
膝の痛みは炎症が起きたからによるものです。つまり、膝の痛みは軟骨が摩耗したからではなく、炎症のせいなのです。
ですから、画像診断で大きめの骨の変形があることがわかっても、さほど痛みがない人もいれば、あまり変形はないのに強く痛みを訴える人がいるというのも理解できます。
痛みの強さは炎症の程度の差によるものなのです。

変形性膝関節症 炎症が起きた状態で軟骨に負担がかかると、再び軟骨が削れて、それがまた炎症の元になるという悪循環に陥ります。 そのうち骨は硬くなったり、いびつに変形したり、すり減ってきます。それが、変形性膝関節症です。 原因は関節内の軟骨の老化による新陳代謝の低下やストレスによる摩耗に加え、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。
また骨折や靱帯損傷、半月板損傷などの古いケガや、化膿性関節炎などの過去の感染の後遺症も関わっていることがあります。
変形性膝関節症は、男性より女性に多いのが特徴です。 それは、女性の方が筋肉量が少ないことや、加齢とともに太りやすいこと、閉経により骨が弱くなることが原因といわれています。
オスグッド病 オスグッド病は若い人に多くみられるので、成長痛と間違えられがちですが、成長痛とは異なり、脚の使い過ぎで起こるものです。 10代前半の子に多く見られ、膝に圧力がかかるスポーツの選手によく起きると言われています。成長期のスポーツ障害の代表疾患といわれています。 もっとも特徴的な症状としては、膝の下の骨の脛骨結節が突出してくることが挙げられます。突出している部分を押してみると痛みを感じます。 また、膝の曲げ伸ばしや、座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間していると、膝の下の骨が痛みます。
その他の膝の病気

●膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)
●鵞足炎 ●腸脛靱帯炎(ランナーズニー)
これらはオスグッド病によく似た症状で、原因も似通っています。

膝関節の治療│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

膝関節の施術風景

「高萩市・さくらメディ」では

  • 関節にアプローチするAKA治療®
  • 深層筋にアプローチするAKS治療®
  • 第一頸椎を調整するAOテクニック®

この3つで治療をおこなっていきます。
痛みがなく、ボキボキしない安心安全な治療です。
AKA治療®、AKS治療®、AO治療®の三本柱で、患者様の身体の中と外とにアプローチしていきます。
膝の痛みの原因は膝関節の炎症ですが、その根本の原因はどこにあるのでしょうか。
加齢、肥満、外傷以外に隠された原因があるかもしれません。
それが筋肉の緊張であり、体の歪みです。
重い胴体を支える2本の足は、立ち上がっているときには常に緊張状態にあります。スポーツで動き回っている時も同様です。
こわばった筋肉や関節を解きほぐすことで、痛みが軽減されます。
AKA治療®、AKS治療®、アトラスオーソゴナル(AO)治療®により、骨格全体の歪みを正すことで、血流がよくなります。それが膝痛の原因である膝の炎症を抑えていきます。
変形性膝関節症だけでなく、オスグッド病などの問題を抱える人にも効果をご実感いただけます。

AKA®︎
(Arthrokinematic Approach)
アルスロキネマティックアプローチ®は、関節機能障害を取り除くことを目的として開発されました。関節の動きを治療することにより身体の痛みの軽減をはかります。
AKS®︎
(Arthrokinematic Stretch)
アルスロキネマティックストレッチ®は、関節機能解剖学に基づき、筋細胞の機能を向上させることにより痛みをとりのぞいていきます。
AO®︎
(AtlasOrthogonal)
アトラスオーソゴナルカイロプラティック®と呼ばれるこの手法は、第一頚椎(アトラス)を正常な位置に戻すことで、骨格を正しい状態にしてから神経伝達や身体バランスを整える治療方法で、茨城県で唯一、「高萩市・さくらメディ」だけが行っている治療法です。

茨城県唯一の治療「高萩市・さくらメディ」の想い

これらは東京など他都市で行われている効果的な治療法ですが、まだ施術者が少なく、要望に応えきれない状況があります。
それほど効果が高い一方で、施術側の正しい知識と技術を必要とするものでもあります。

そのため時間をかけてしっかりと修行と学びを積み重ねてまいりました。
地元の皆様に安心安全な施術を受けていただき、痛みを忘れて何気ない日常生活を当たり前に過ごしていただきたい、それが「高萩市・さくらメディ」の願いです。
膝のお悩みを抱える方は、ぜひ一度「高萩市・さくらメディ」でご相談ください。

症例 | 北茨城市・高萩市 腰痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

  • 高萩市 60代 女性 膝の痛み

    60代女性

    歩行の際、足が地面につく度に膝の痛みがありました。
    痛みの原因が筋肉にあったため、AKA®の施術を1回行いました。
    すぐに痛みが緩和され、喜ばれました。
    その後は、週1回の施術を3回受けられ、メンテナンスの為
    月1回で来院されています。
    歩行の際の痛みもなくなり、元気に来院されています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。