椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアのイラスト

  • お尻、ふくらはぎに痛み・しびれを感じる
  • 足が動かしにくい
  • できれば手術を受けない治療が望ましい
  • 気づけば足腰に慢性的な痛みやしびれがある
  • お尻の周辺にほてりが出る

椎間板ヘルニアについて│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

「椎間板ヘルニア」といわれる疾病で、日本人の腰痛の大半は、この「椎間板ヘルニア」が原因と考えられていながらも、明確に「椎間板ヘルニア」が犯人だと確定される腰痛は、全体の15パーセントに過ぎません。腰痛の大半は実は原因不明だといわれています。

椎間板ヘルニアとは?

脊柱断面図

 

一口に言えば、椎間板が飛び出した状態のことをいいます。
人間の体の中は、本来収まるべき場所に正しく臓器が収まってこそ本来の機能が正常に働くものですが、そこにあるべき臓器がその位置から飛び出してしまうと「ヘルニア」といわれる状態になります。

椎間板ヘルニアは、背骨にある椎骨と椎骨の間にある「軟骨」が飛び出してしまった状態をいいます。この「軟骨」が「椎間板」と呼ばれるもので、本来は衝撃を吸収し和らげる緩衝材の役割をしているものです。
この「椎間板」の中にはコラーゲンを含む線維輪とゼラチン状の髄核があり、線維輪が断裂し髄核が飛び出してしまった状態が「椎間板ヘルニア」です。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板が飛び出したからといっても、すぐに症状があらわれない場合も多くあります。
長い時間をかけて少しずつ症状があらわれ、気づいた時には重大な事になっているというケースもあるので、注意が必要です。
飛び出た椎間板の位置によって圧迫される神経が異なるので、症状がでる部分はまちまちですが、下半身のおしりやふくらはぎなどに痛みやしびれなどの神経症状が起こります。
また、足が動かしにくくなる運動麻痺などの運動障害や、感覚の障害・麻痺なども起こります。足の痛みなどの症状は坐骨神経痛といい、腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状といわれています。椎間板自体も壊れているので、その結果腰痛も起こります。

  • 下半身のおしりやふくらはぎなどに痛みやしびれなどの神経症状
  • 足が動かしにくくなる運動麻痺などの運動障害
  • 感覚の障害・麻痺
  • 腰痛

椎間板ヘルニアの一般的な治療│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

椎間板ヘルニアの施術写真

整形外科的治療では、画像診断と合わせて神経学的検査をされる病院が大半です。 画像診断は、レントゲンやMRIやCTなどで体内を撮影して診断する検査です。 神経学的検査は、安静時に筋肉や感覚の状態を調べて、麻痺などの障害の有無や状態を確認するものですが、どちらかというと画像診断を重視される場合が多く、「椎間板ヘルニア治療は最終的には手術で」という流れになりがちです。

患者様の中にも、画像診断を目にしたことで衝撃を受け、そこを切れば治るという思い込みに陥る方もおられます。 つらい痛みやしびれから早く解放されたいという一念から、医師のアドバイスそっちのけで、とにかく手術をするという結論を出される方もおられます。

もちろん、一時的であれ、手術することで痛みが緩和されることも認められますから、一概に否定するものではありませんが、大事なことは手術という手段は大切な体にメスを入れるということをどれほど自覚されているのかということです。本当に必要な手術なのか、他に手段はないのか、焦らずにしっかり検討されることが大切です。

「高萩市・さくらメディ」の椎間板ヘルニア治療

その手術、本当に必要?

手術の必要な椎間板ヘルニアは極少数

「高萩市・さくらメディ」では、これまでの豊富な経験により、実際に手術が必要な椎間板ヘルニアは、極めて少数だと考えています。
「椎間板ヘルニア」は画像に写るので、画像診断の結果を目にすれば確かに一瞬驚いてしまいますが、経過観察を続けているとヘルニアが自然に消滅していく場合が多くあるのです。
治療したヘルニアも、根本原因を解決しないままだと再発することがあります。せっかくの手術が無駄なものとならないように、事前によく考えることが必要です。
「手術をすすめられたけど、どうしたらいいのだろう」とお悩みでしたら、まずは「高萩市・さくらメディ」にご相談ください
患者様のお話をしっかりと聞いて、親身の対応をさせていただきます。

「高萩市・さくらメディ」の考える椎間板ヘルニアの原因

人間の体を支えているのは骨と筋肉です。骨格と関節によって体を曲げたり、しならせたりして、重心を効率よく分散させて、体のバランスをとっているのです。
本来はうまく連携がとれている骨格と関節の一部がずれてしまうと、結果として体全体のバランスが崩れることになるのです。
それにともなって、筋肉も必要以上の緊張状態を強いられることになります。
腰痛は、そのような状態がだんだん積み重なって、痛みやしびれなど引き起こし「腰椎椎間板ヘルニア」の姿を借りて現れたと考えます。
ですから、治療は「椎間板ヘルニア」を治すことではなく、「椎間板ヘルニア」の原因となっている体の根本的な歪みを治すということになります

「高萩市・さくらメディ」の椎間板ヘルニア治療

椎間板ヘルニアの施術風景

「高萩市・さくらメディ」では

  • 関節にアプローチするAKA治療®
  • 深層筋にアプローチするAKS治療®
  • 第一頸椎を調整するAOテクニック®

この3つの施術方法を組み合わせて、それぞれの患者様に最適な施術をいたします。
すべて痛みのない、低刺激な治療です。根本原因の追求により、必要なテクニックを必要な箇所に駆使していきます。関節動作チェックや筋肉の緊張度のチェックなど、状態を把握した上で、関節からアプローチしていきます。最終的に第一頚椎の位置を整えることにより、体全体の歪みが正されます
それによって、臓器も収まるところに収まります。結果として体の痛みやしびれの軽減、そして後々の完治につながっていきます。
ヘルニアの手術をしたのに良くならないという方がおられる一方で、ヘルニアがあるのに痛くないという患者様も多くおられます。
このことからご理解いただけると思いますが、腰痛はヘルニアからくるものとは限らないということです。
いくら画像に写るからといっても、手術の判断は慎重に行いましょう。

茨城県唯一の治療「高萩市・さくらメディ」の想い

「高萩市・さくらメディ」の三本柱であるAKA治療®︎、AKS治療®、AO治療®は、茨城県では当院のみの治療です。
東京などの他都市まで行かなければできない治療を、地元の皆様に安心して通っていただきたいという一心で、今日まで学んできました。

痛みを忘れて、何気ない日常生活を当たり前に過ごしていただきたい、それが「高萩市・さくらメディ」の願いです。
お子様連れでも大丈夫です。
腰痛でご不安のある方は、ぜひ一度「高萩市・さくらメディ」でご相談ください。

症例 | 北茨城市・高萩市 腰痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

  • 日立市 30代 男性 腰部椎間板ヘルニア

    30代男性

    両側ですが、特に右側の腰から大腿部まで強い痛みと痺れがあり、歩くことも座ることも難しく、寝返りはもちろんベットから降りて、立ち上がるということが出来ませんでした。立位を見ると、痛みをコントロールするかのように自分で都合の良い姿勢を作るようでした。それは左の骨盤を上げて、左肩が下がり、頭は右に側屈して体をS字によじっている状態です。まず足の痛みと痺れを取り、寝返りや起き上がりが楽に出来るよう調整しました。それから身体全体を整えるためAO治療をして仮眠していただきました。次の日の朝は、楽に起き上がることができ、布団の上であぐらもかけるようになったとのことです。施術後もよじれた身体が真っ直ぐ立てるようになり、歩くのが楽に出来るとおっしゃっていました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 高萩市 60代 男性 腰椎椎間板ヘルニア

    座っていても寝ていても臀部から足の外側に沿って痛みと痺れが強くあり、MRI検査の結果 ヘルニアと診断され、どこへ行っても快くならなかったので来院されました。AO治療を週1で3回目にして痛みと痺れが改善しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 高萩市 10代 男性 分離症

    10代男性

    腰に少し痛みがあり分離症と診断されました。
    それでも大会に出たかったので、何とか痛みを落ち着かせたいと来院されました。
    1回の施術で違和感がなくなり、無事大会に出ることができました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。