自律神経症状・めまい

自律神経症状・めまいのイラスト

  • 質の良い睡眠ができない
  • やる気が起こらず、いつもだるい
  • 不眠、肩こり、めまいなどの症状がある
  • 昼間はだるく、夜は眠れない
  • なんとなく体の調子が良くない状態が続く

自律神経失調症│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

「自律神経失調症」は、よく耳にする病名です。自律神経のバランスが崩れて、いろんな症状が現れていることを指すので、「病名」ではなく「状態」のことを示しているのではないかということで、「自律神経失調症」を正式な病名ではないという医師もいます。

それほど曖昧なものであり、「自律神経失調症」と診断されて、あれこれ検査を受けても原因がわからないままということが多々あります。

自律神経とは│高萩市 頭痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

自律神経は、循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するために、私たちが意識しないでも勝手に24時間働き続けている神経で、自分ではコントロールできないのが特徴です。
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つの神経があります。
交感神経はアクティブな神経で、身体の活動時などや昼間に活発になります。副交感神経はリラックスの神経で、安静時や夜に活発になります。このように、1日の中で状況に応じてどちらかが活発化し、どちらかは力を弱めるという、バランスのとれた働きをしてくれます。自動的に切りかわって働くことで、昼夜の状況に応じた身体の働きができるようになっています。
昼間に元気に活動できるのは交感神経が活発になっているからであり、夜しっかりと眠ることができるのは副交感神経が優位だからです。
ところが、夜になっても交感神経が活発なままだと、脳は休むことができず良い睡眠が取れません。逆に昼間に副交感神経が強く働いていると、だるさを感じ、やる気も起きない状態となってしまうのです。

交感神経と副交感神経が正しく働かないことを「自律神経が乱れる」と表現します。

交感神経と副交感神経のバランス

自律神経が乱れると・・・│高萩市・さくらメディの腰痛治療

ストレスやホルモンの乱れで、自律神経の交感神経と副交感神経がバランスを崩してしまうことがあります。不眠や肩こり、頭痛、胃腸の痛み、だるさ、めまいなどの症状が出やすくなり、この状態が「自律神経失調症」と言われるものです。

例えば、強いストレスを受けると、多くの場合で自律神経の働きが乱れてしまいます。その状況が長く続くと、交感神経と副交感神経が正しく働かないことから、昼間はだるく夜は眠れないという状態になります。場合によっては睡眠障害を併発し、心身の状況がさらに悪化するという経過をたどることも珍しくありません。

自律神経の乱れによる症状

めまいとは?

体がバランスを保つための機能を持つ平衡感覚ですが、体の各部から集められた情報を、脳が整理、統合し、体の各器官に必要な指令を出すことによってそのバランスが維持されています。そこに障害が起きると、体はうまくバランスがとれなくなり、めまいが引き起こされます。 めまいには、飲酒やタバコの過剰摂取が原因のものや、耳の奥の内耳の障害によるものもありますが、高血圧症に低血圧症や、自律神経が大きく関わっているものもあります。

「高萩市・さくらメディ」の自律神経失調症の治療

自律神経失調症の施術風景

自律神経失調症の原因の大半は不明とされていますが、その神経系統の不調は、体の歪みからくるものではないかと考えます。体に歪みが生じると、血液や神経伝達物質の流れが滞り、本来の体の機能がうまく働かなくなります。
「高萩市・さくらメディ」では、その体の歪みは、可動域が大きく体の衝撃を受けやすい第一頚椎のずれからくるものが少なくないと言うことに着目し、第一頚椎に特化した治療アトラスオーソゴナルによる専門治療を行っています。

第一頚椎付近には、自律神経を司る神経節が密集しています。
第一頚椎がずれると、頸神経や脳神経系が圧迫されたり干渉されたりします。頚部の神経は副交感神経が優位な箇所なので、第一頚椎のずれによって、睡眠時に活発化する副交感神経系の機能が低下してしまいます。それが交感神経を常に優位にさせることとなり、その結果「自律神経失調症」と呼ばれる状態に陥ります

「高萩市・さくらメディ」の治療では、アトラスオーソゴナルによって第一頚椎のずれを治し、正常な位置に戻します。そのことによって頚神経や脳神経の圧迫や干渉を改善し、自律神経機能を回復させて、根本的に自律神経失調症からの回復を目指します。

自律神経失調症である、めまい・頭痛・吐き気・動悸・高血圧症・胃腸障害・慢性疲労・睡眠障害・憂鬱・冷え性などの症状を放置したままだと、さらに自律神経に偏重をきたすことになり、日常生活にも影響が及びます。
第一頸椎を正常な位置に戻すことで、脳への血流がスムーズになります
その結果、つらい症状から解放される人が多くおられます。

アトラスオーソゴナルの治療では、丁寧な問診や診察を行い、痛みのある治療は行いません
痛みを感じさせることなく、ずれた第一頚椎を正常な位置に戻し、自律神経だけでなく、前身の状態が整うように治療していきます。
睡眠障害で長年悩んでおられた方が「久しぶりに眠れた」と笑顔で語られる姿を拝見していると、あらためて効果の高い治療だと実感します。

ストレスの原因は外的要因ばかりではありません。なんとなく体の調子が良くないという状態が長引くことが精神的なストレスとなり、そのうちにどんどん心身の状態が悪化してくることもあります。

これという原因の思い当たらない体の不調が自律神経の乱れを引き起こし、「自律神経失調症」の症状が出てきてもそれを放置していると、だんだんうつ症状が出てくる人もいます。
うつ病の場合、投薬治療が行われますが、その不調の原因がどこからくるものか、ということを探り出さなければ、問題は何も解決しません
「高萩市・さくらメディ」では第一頚椎のずれを治すことで、歪みを正常に整えることができます。
状態を悪化させる前にぜひ「高萩市・さくらメディ」で、アトラスオーソゴナルの痛くない治療をご体験ください。

症例 | 北茨城市・高萩市 腰痛・ヘルニア・狭窄症専門整体 さくらメディ

  • 日立市 60代 女性 自律神経失調症

    60代女性

    めまいと不眠、頭痛、それから慢性腰痛でお悩みの方が来院されました。めまいや頭痛、不眠に関してはAO治療で頸椎の状態を正しく整え、15分の仮眠を当院でとっていただいたとき、すぐにぐっすりと眠りにつくことができ、短時間でしたがすっきりしたとおっしゃっていました。頭痛も取れたようですが、安定させるために定期受診に来られます。慢性腰痛に関しては、AKA治療®︎で関節の動きを取り戻したことで改善しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 日立市 30代 女性 自律神経失調症

    30代女性

    主に頭痛・不眠・多汗(手のひら)・疲労感などの症状で来院され2回の治療をしました。1回目の治療後は、夜、自然と眠りにつくことができて朝まで眠れたとのことです。頭痛も緩和しているようです。今後も定期的に通い、症状の改善をしたいとのことです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 高萩市 40代 男性 高血圧による不眠

    40代男性

    血圧が高くて眠れない日々が続いていました。
    食事中に舌をよく噛むといったことを繰り返していました。
    アトラスオーソゴナルの施術を1回受けた際、20分もイビキをかいて久々によく眠れたそうです。
    帰宅すると血圧が正常値に戻り舌も噛まなくなったそうです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。